総量規制について

総量規制とは消費者金融のカードローンに適用される規制で、貸金業法下で営業をしている貸金業者全てが対象となる規制です。

総量規制が導入されたのは改正貸金業法の施行と同時に導入された経緯があり、改正貸金業法施行前には存在していなかった法律です。総量規制が導入されたのにはわけがあり、それまでは貸金業者の裁量でいくらでも貸し付けが可能だったため、借りる利用者側も収入に見合わない借り入れを行ってしまい、それが原因で多重債務や債務超過という状況になり自己破産などが爆発的に増えたという問題がありました。

それを解消するために導入されたのが総量規制と呼ばれる規制で、この総量規制では年収の三分の一以上の貸し付けを禁止し、それに違反した貸金業者には厳しい罰則を適用することになっています。総量規制を設けることで貸金業者の無理な貸付を禁止するとともに、借り手である消費者側の収入に見合わない借り入れを抑制する効果もあるわけです。

その為貸金業法下で営業している全ての貸金業者での借入合計が年収の三分の一を超えることは不可能となっていますので、自己破産などの恐れも大幅に軽減することに成功しています。もちろん希望額を借りられなくなったという利便性の低下もありますが、これは消費者を守り適正な借り入れを行うための措置だと考えなければいけないでしょう。

筆者について

管理人

記事を表示 →