カードローン基礎知識

カードローンを利用する場合にはそのカードの基礎となる情報や知識を知っておく必要があり、それを知らないまま申し込みを行ってしまうと審査を通過できない場合や思っていたよりも利用できる金額が少なかったと言うことも起きてしまいます。

基礎知識として知っておくべきものとしては、カードローンの利用できる年齢、勤続年数が審査に深く影響すること、安定した収入が無い場合はカードローンの利用基準を満たせないと言うこと、そして貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制があると言うことを理解しておく必要があります。

利用できる年齢に関しては下限年齢・上限年齢が必ず決められているため、それを満たしていなければ収入があってもカードローンの利用は出来ないことになります。勤続年数に関しては安定した収入に直結する重要な意味を持ちますので、出来るだけ長い期間同じ会社に勤務しているほうが審査を通過しやすくなります。
年収に関しては総量規制との絡みもあるので利用出来る金額を決めることになる重要な要素となりますので、自分がいくらカードローンで借りたいのかを考える上では、年収の額が大きく影響してくることになります。

これらの基本的な条件を知っておかないと、申し込み金額が高すぎて審査を通過できないと言うことや、勤続年数が短すぎて審査NGとなることも考えられます。その中でも総量規制に関しては最も重要なポイントとなるので、申し込み前に必ず総量規制とは何かを知っておく必要があります。

筆者について

管理人

記事を表示 →