消費者金融を利用

カードローンを利用する場合には消費者金融を利用することが最も多いのではないでしょうか。その場合にはやはり総量規制の規制を考えた借り入れを行う必要がありますし、自分では気づかないうちに総量規制の規制対象となっており消費者金融の利用が出来ないということも考えられます。

まず総量規制は消費者金融全てに適用される規制ですし、消費者金融以外にもクレジットカードのキャッシング枠も規制対象となります。そのため初めて消費者金融を利用する場合でもクレジットカードのキャッシング枠が総量規制の規制に引っ掛かり、カードローンの利用が出来ないということも考えられます。
キャッシング枠は利用していなくても枠があるだけでその枠の金額は使用しているものとしてカウントされますので、複数のクレジットカードを所有している場合は注意が必要です。

消費者金融をすでに利用している場合には新たなカードローンの申し込み金額が総量規制の対象となるので、年収の三分の一を超えている場合には利用できなくなります。最近の消費者金融の利用は非常に楽でスピーディな融資が可能となっていて、店舗に行かなくてもインターネットを使えば自宅で契約できるようにもなりました。無利息期間を設けている消費者金融もありますが、簡単で素早い対応であっても自分自身のことですので、契約をする前には利息や返済方法などをしっかりと確認しておきましょう。

関連資料<新生銀行カードローン-レイク公式サイト
インターネットで申し込みが出来るカードローンサービスです。

総量規制について

総量規制とは消費者金融のカードローンに適用される規制で、貸金業法下で営業をしている貸金業者全てが対象となる規制です。

総量規制が導入されたのは改正貸金業法の施行と同時に導入された経緯があり、改正貸金業法施行前には存在していなかった法律です。総量規制が導入されたのにはわけがあり、それまでは貸金業者の裁量でいくらでも貸し付けが可能だったため、借りる利用者側も収入に見合わない借り入れを行ってしまい、それが原因で多重債務や債務超過という状況になり自己破産などが爆発的に増えたという問題がありました。

それを解消するために導入されたのが総量規制と呼ばれる規制で、この総量規制では年収の三分の一以上の貸し付けを禁止し、それに違反した貸金業者には厳しい罰則を適用することになっています。総量規制を設けることで貸金業者の無理な貸付を禁止するとともに、借り手である消費者側の収入に見合わない借り入れを抑制する効果もあるわけです。

その為貸金業法下で営業している全ての貸金業者での借入合計が年収の三分の一を超えることは不可能となっていますので、自己破産などの恐れも大幅に軽減することに成功しています。もちろん希望額を借りられなくなったという利便性の低下もありますが、これは消費者を守り適正な借り入れを行うための措置だと考えなければいけないでしょう。

カードローン基礎知識

カードローンを利用する場合にはそのカードの基礎となる情報や知識を知っておく必要があり、それを知らないまま申し込みを行ってしまうと審査を通過できない場合や思っていたよりも利用できる金額が少なかったと言うことも起きてしまいます。

基礎知識として知っておくべきものとしては、カードローンの利用できる年齢、勤続年数が審査に深く影響すること、安定した収入が無い場合はカードローンの利用基準を満たせないと言うこと、そして貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制があると言うことを理解しておく必要があります。

利用できる年齢に関しては下限年齢・上限年齢が必ず決められているため、それを満たしていなければ収入があってもカードローンの利用は出来ないことになります。勤続年数に関しては安定した収入に直結する重要な意味を持ちますので、出来るだけ長い期間同じ会社に勤務しているほうが審査を通過しやすくなります。
年収に関しては総量規制との絡みもあるので利用出来る金額を決めることになる重要な要素となりますので、自分がいくらカードローンで借りたいのかを考える上では、年収の額が大きく影響してくることになります。

これらの基本的な条件を知っておかないと、申し込み金額が高すぎて審査を通過できないと言うことや、勤続年数が短すぎて審査NGとなることも考えられます。その中でも総量規制に関しては最も重要なポイントとなるので、申し込み前に必ず総量規制とは何かを知っておく必要があります。